土地

【土地の探し方ブログ】 やっぱりあった!未公開の土地を手にした方法

未公開土地の探し方

こんにちは!のっち(@nocchi_nochilog)です!

ぱんだはし
ぱんだはし
家建てたくて土地を探してるんだけど、見つからない~。。未公開とか非公開の土地とかあるんじゃないの??

我が家も土地探しにおよそ2年くらいかかりました。

「1年以上待っても希望の土地がでなければ、条件を緩めるべきだ」という心ないアドバイスもあったりします。

場合によってはその通りですが、マイホームの初っぱなから妥協したくないですよね。

というわけで、我が家は妥協しませんでした(笑)

そして、ある方法を使って、希望の土地(しかも想定よりも良い土地!!)を見つけることができました!

そんな我が家の土地の探し方を紹介しますので、土地探しに苦戦している方は参考にしてください!

ちなみに、我が家は土地面積31.6坪、延床面積29.4坪の30坪ハウスです。特にこれくらいの規模の土地を見つけるには良いかもしれません。

また我が家はいわゆるベッドタウン(郊外住宅地)なので同じ条件なら、より参考になると思います。

なぜ希望の土地は見つからない?

まず、なぜ希望の土地がなかなか見つからないのかを考えてみました。

基本的に皆さん(もちろん我が家も含めて)の希望は高いです。

広さは30坪くらいで、駅からは徒歩10分くらいで、車通りは少ない道路が良いし、近くにスーパーだってほしい。旗ざお地みたいな変な形の土地は嫌だなー。。あ、もちろん値段は安めでね。

という感じです。

でもこれ、そんなに高望みですかね?(先ほどの例がまさに我が家の希望です(笑))

SUUMOやHOME’Sは毎日チェックしてました。早い者勝ちになるのはわかっていたので、そこでは負けないように、夫婦で毎日高頻度で見てました。

希望条件からちょっと外れた土地(例えば、駅徒歩18分とか)も、もしかしたら良いかも?と思って現地を見たりもしました。

でもなんだか腑に落ちなくて。。。また土地探しに戻りました。

というわけで、皆さんが恐らく一度は陥る考えに至りました。

「こんなに探しても土地が出ないなんて、未公開の土地があるに違いない!不動産屋が隠してるんじゃないの?」

これです(笑)というわけで、不動産屋にアポをとってみました。

不動産屋は未公開土地を握ってる?

というわけで、不動産屋に飛び込みました(笑)

希望の条件を伝えてみましたが、やっぱり出てくる土地は、知っている土地ばかり。

つまり、SUUMOやHOME’Sに載っている土地ばかりでした。

『その土地知ってるよ。』と思いながらも、「へ~そんな土地があるんですか!」とか言って聞いてました。

機嫌を損ねると、未公開土地を教えてもらえないと思ったからです。

ですが、結局、未公開の土地は出てこないまま、不動産屋との話は終わりました。

「たまたま今は未公開土地がないだけだろう!」とポジティブに考え、今後新しい土地が出たらお願いします!と伝えました。

ですが、それでも土地の連絡はこない。。未公開土地なんて無かったのか??と思いました。

ですが、みなさんもこんな経験無いでしょうか?希望エリアをふらりと見に行っている中に出てくる、好評分譲中!という土地を見つけて、すぐさま連絡をしても、

「もう買い手が決まってて。。」

と言われたこと!!

え?なんならその看板が出たその日くらいに電話かけた勢いなんですけど?

と思いました。

この経験から、「絶対に未公開土地はある」と思い、ある行動に出ました。。

後日談的な感じですが、、、もう土地が決まって家が建つというのに、その不動産屋からは土地の話は一切きません(笑)

かれこれ1年以上は、新しい連絡がないままです。

「良い土地が出たら教えてください」というのは、余程の上客(お金持ち?)でないと教えてくれないかもしれません。

 

未公開土地の見つけ方

ついに、我が家はある行動に出ました。

それは、「建物を潰している(解体している)場所を探し、潰している段階で不動産屋に聞く」というものです。

そこで、不動産屋もわからない。。となれば、「更地になったところを何度も見に行く」ということをしました。

後からわかりましたが、「好評分譲中」と出たときには少し遅く、「不動産屋の旗」が出てるときに突撃するのがポイントです。

これを繰り返すことで、なんと!希望の土地に出会えました!!

もちろん、ネットに情報なんて出ていません。

要は「未公開土地」なのです。

時間が経てば、ネットで広告を出す予定だったそうです。

ですが、その前に応募があったので、ネットに広告を出す前に、事前に連絡をくれた方に先に問い合わせて、余ればネットに広告を出す予定だったそうです。

つまり、

①古家解体→②更地→③旗出す→④この時点で問い合わせきている人に売り出し前の意思確認をする→⑤好評分譲中の看板出すとともにネット広告出す

こんな順番ですね!

そして、④の時点でほとんど売れちゃうから、⑤まで回ってこないということになるようです。

特に人気なエリアの場合は、争奪戦のようですので、足で情報を探すのは必須となりそうです。

となると、希望エリアを自転車で回れるような位置にいる必要がありますね。

一生住む土地なので、まずは賃貸で住んでみるという作戦もありかもしれません。ハードル高いですが。

結局、解体中や更地(旗が立つ前)の状態ではわからないという不動産屋ばかりでした。

なので、旗が出た瞬間に電話をかけることをおすすめします。

そうすればきっと、あなたも未公開土地をゲットできると思いますよ。

土地の問い合わせに出遅れたとき

解体してるときに気付いて、更地になるまで見届けた。でも、その後少し見に行けなくて旗が出てた!

そして、問い合わせると土地2つ中3番目くらいですと言われたら。。ショックですよね。

前の2組が断れば回ってきますが、チャンスを見逃したくない!

まさに我が家がこんな状況でした。

そんな状況でも、なんと一番に選べるようになりました。

どういった技を使ったのか紹介します。

(もちろん、すべてに通用するわけではないので参考にどうぞ)

その方法は単純で、何度も連絡すること!です。

意外と更地になってから、販売までは時間が空きます。詳細な事業計画を練ったり、家の基本設計をしたり、はたまた別地域の開発が一通り終わってからとか。

特に建築条件付きの土地は上記の期間が長く、土地だけ売ってる場合は短くなります。

販売までの期間に、なかなか連絡がこない場合は、こちらから連絡しちゃいましょう!

そして、この土地を本気で買うつもりです!というのをアピールしてください。

営業の方も、必ず買ってくれる人に声をかけた方が楽に終わるので、自然と優先順位を上げてくれます。

我が家はその方法で、正直しつこいくらい連絡して、土地をもぎ取りました。

なので、順番が少し遅れても、まだ諦めないで、頑張りましょう!

(みんながその作戦使うとダメですが、おそらくそこまでする人はいません(笑))

土地探しの失敗

我が家は万事を尽くして、希望する土地を見つけ出しましたが、それでも失敗したことがありました。

それが、希望条件の考え方です。

そもそもの希望条件は、我が家が独断で考えたものであり、どんな家を建てたいかはあまり深く検討していませんでした。

なので、庭の計画のときに駐車場が若干狭くて、車がちょっと飛び出すということになってしまいました。。

あなたは、家や庭などを見据えた土地探しをしているでしょうか。

もしかすると、土地の希望条件を緩められるかもしれません(逆に厳しくなる可能性もありますが)。

とは言っても、建築士でなければ、なかなか家のプランまで考えるのは難しいですし、その考えがあってるかわかりません。。

というわけで、誕生したのが、タウンライフの土地探しサービスです。

間取りプランを考えながら、土地探しを手伝ってくれるとのことで、土地探しに苦戦している人は利用してみてはいかがでしょうか。

可能性を少しでも広げることはやっておいて損なしです!

【タウンライフ土地探しのサイトを見てみる!】

さいごに

我が家の未公開土地の探し方はいかがでしたか?

毎回うまくいくわけではないと思いますし、土地柄なんかもあると思います。

ですが、恥ずかしがらずに連絡しまくる!というのが鉄則です。

土地探しは実はハードな戦いなので、気合いいれて頑張りましょう!

ですが、途中で言ったように、家や庭も見据えた最適な土地を見直すことも大切だと思います。

実は、これまでは見送っていた土地でも十分だったということがあるかもしれません。

あなたが良い土地にめぐり会うことを願ってます!

30坪ローコストハウスの住人
のっち
土地面積31.6坪・延床面積29.4坪の30坪ハウスを建築し、住んでます!
その経験を活かして家づくりや生活について発信中です!

FP2級・AFP資格所有
インスタでは建築状況や家の内部を赤裸々公開中!ぜひ遊びに来てね!
\ Follow me /