住宅ローン

住宅ローン落ちてわかった、後悔しないためにしておくこと

モゲチェック

こんにちは!のっち(@nocchi_nochilog)です!

ぱんだはし
ぱんだはし
住宅ローンの審査って落ちることあんの??

「一部上場企業に勤務、年収は右肩上がり、他に借入ローン無し」この条件で住宅ローンの本審査に落ちるわけないと思っていました。。。

だがしかし!あっさり落ちました。

仮審査ではちゃんと通っていたのに!本審査で落ちました。。

我が家はPayPay銀行から住宅ローンを借りようとしました。

そこで、借入希望金額として、年収の8倍としたところ、「年収の7倍までしか無理ですよ。」と言われました。

最低でも年収の7.5倍は必要だった我が家は、あえなく撃沈しました。。

正直なところ、最初に書いたように、「一部上場企業に勤務、年収は右肩上がり、他に借入ローン無し」なので、落ちるなんて微塵も思っていませんでした。

あなたもどこかで「住宅ローンの仮審査で通っていれば、本審査で落ちるわけないだろう」と思っていないでしょうか。。。?

「間取りも決まってきて、念願のマイホームでの生活が現実味を帯びてきた・・・楽しみすぎる!!!」

・・・という段階で、鼻をへし折られる思いをしなくて済むように、我が家がおすすめしたいことを紹介します。

我が家の失敗をムダにしないためにも、参考にしてもらえるとうれしいです。

本審査に落ちて実感した、やっておいたら良かったこと

突然ですが、あなたは本審査を同時並行でいくつの銀行に依頼しようと思っていますか?

我が家が同時並行して本審査を申し込んだのはPayPay銀行のみでした。

あろうことか、当時、仮審査もPayPay銀行一択でした。

だって、落ちると思ってなかったもん!

この時点でお察しだと思いますが、我が家が住宅ローンの本審査を落ちて実感した、やっておいたら良かったこと、それは「複数の銀行を同時に仮審査&本審査を依頼する」ということです。

「複数に依頼しても、結果は同じじゃないの?」そう思われるかもしれません。

ですが、各銀行によって審査基準は異なりますので、この銀行はダメでも、あの銀行では借りれたというのは普通にあり得ます。

実際、我が家は入力条件はまったく一緒なのに、PayPay銀行はダメで、じぶん銀行では希望通り年収の8倍まで借りることができました。

はじめから複数の銀行に審査依頼をしておけば、、、変な冷や汗をかかずに済みます。

ですが、「複数に審査依頼すると言っても、どの銀行にするかを1つでも決めるの大変なのにどうやったら良いの?」となってしまいます。

そんな中、我が家は後から知ったものなのですが、おすすめしたいサービスを紹介していきます!

住宅ローンを”あなたに合わせて”比較してくれるサイト

「住宅ローンの金利ランキング」などは検索すると良く出てきます。

ですが、結局、

  • 自分に合っているのはどの銀行なの?
  • どの銀行からなら、希望通り借りられるの?
  • 本当に金利が低いだけで選んで良いかわからない!

となると思います。

ましてや住宅ローンなんて、これまでに目にしたことない大金だし、下手したら現在の年齢よりも長い期間の返済をしないといけなかったり、未知だらけです。

そんな中、住宅ローンの借入先を決めろと言われても、しかも1つではなく複数決めろと言われても困る。。。と思います。

さて、前フリが長くなりましたが、そのような悩み事・困りごとを解決してくれるのが、モゲチェックというサービスです。

モゲ?ふざけた名前だな?と思うかもしれません。(すみません。我が家は最初思いました)

ですが、「mortgage(モーゲージ):住宅ローン」という意味の英単語からきており、その名の通り、住宅ローンに特化したサービスなのです。

このサービスのすごいところは、

  • 複数の銀行から、”あなた”におすすめな銀行を厳選してくれる
  • AIで審査に通る確率を示してくれる
  • 住宅ローンのプロが厳選してくれて、必要に応じて相談にも乗ってくれる
  • なんと完全無料!!

このサービス、もっと早く知りたかった。。。

そして、地味にうれしいポイントとして、

  • 電話や面談が不要(というより一切できない)なので、勧誘が一切ない!

「勧誘が来ないか心配」とか「電話するの面倒」とかないですし、「電話とか面談をしないと結果を教えてもらえない」というものでもないので、気軽に使えます!

例えばこんな銀行から比較してくれるみたい!一例らしいから、実際はほぼすべての銀行を比較してくれるみたい。

モゲチェック 紹介する銀行(一例)モゲチャック公式HPより抜粋

しかも!なんだかたくさんの人が使ってみるみたいですし、

モゲチェック 利用者数モゲチャック公式HPより抜粋

有名メディアでも紹介されてます。

NHKに紹介されているとなるとなんだか安心感あるのは、私だけでしょうか。。?(笑)

モゲチェック 紹介メディアモゲチャック公式HPより抜粋

実は、住宅ローン選びで後悔している人は40%程度いるらしいです(モゲチェック調べ)。

その最たる理由として、返済額が100万円以上も変わる可能性があるからなんですね。

念願のマイホームに住むうえで、間取りとか住宅設備にしっかりと頭を使いたいところですので、住宅ローンについては便利なサービスを使って、お得にちゃちゃっと終わらせましょう!

早速モゲチェックで、銀行比較して見てください!

入力5分くらいで、すぐ結果が見れますよ!
モゲチェック公式HPはこちらをタップしてください
モゲチェック

実際に入力してみた

住宅ローンを実際に借りた後ですが、我が家も入力してみました。

(画像は小さめに表示しています。タップで拡大するよ!)

モゲチェック 登録画面1

さ~て!早速登録していくよ~!

モゲチェック 登録画面2モゲチェック 登録画面3

サクサク入力していきました!サイトにも書いてありましたが、本当に5分くらいで終わった!面倒くさがりの我が家でもできました(笑)

しかも、金利は固定が良いとか変動が良いとか言われてもわからない。。。という場合でも、「わからない」や「選んでほしい」というあいまいな回答もできる!

だから、「まだちゃんと決まってないけど。。」という段階でも、とりあえず入力できるのが良いですね。

モゲチェック 結果画面1

入力が終わったら、なんと1~2分くらいで結果が出ました!早すぎる!

これは、サービス時間内(平日9:00~22:00、土日祝日9:00~16:00)なら、これくらいのスピードで返ってくるようです。

もちろん、もう少し時間かかる場合もあると思いますが、基本的に即レスポンスでありがたいです。

さて、我が家の結果は、まさかのじぶん銀行がおすすめNo.1でした!

モゲチェック 結果画面2

これは実際に我が家が借りている銀行なので、なんだかうれしいです(笑)

結果を見て驚きましたが、以下のことも教えてくれました。

  • おすすめ銀行を第3位までピックアップしてくれる
  • 毎月の返済額を教えてくれる
  • 選んだ理由も教えてくれる
  • 審査が通る確率も教えてくれる

選んだ理由を教えてくれるので、安心感を感じました。

そして選んだ理由に納得がいかなければ、申し込まなければよいのです。

あるいは、チャットで無料相談もできるらしいので、聞いてみると良いでしょう。

プロのアドバイスが聞けるらしいです!

また、しっかりと審査が通る確率まで教えてくれてます!

もちろん、絶対ということはないですが、参考程度にすると心構えができて良いですね。

本当に勧誘はないのか?

さて、入力・登録してみましたが、本当に勧誘は無いのか。。?

ええ。まったくありません。

ここまで勧誘がないというのも不思議なくらいなかったです。

メールですら連絡来ません。

なんだか「最近のサービス」って感じですね。

なので、ゆっくりじっくり住宅ローンを比較したいという方に、非常におすすめです!

モゲチェック公式HPはこちらをタップしてください
モゲチェック

複数の銀行で本審査っていくつが良いの?

ちなみに、先ほどから「複数の銀行で本審査をしたほうが良いですよ!」と言ってきましたが、いくつくらいが良いでしょうか。

明確な答えはありませんが、モゲチェックでは、住宅ローンのおすすめを3位まで提示してくれるので、その3つの銀行に本審査お願いすれば良いかと思います。

3つとも本審査ダメの場合は、、条件を見直した方が良いかもしれません。

ただ、住宅ローンを本格的に決める段階からは、変更できることは少ないと思うので、両親から援助をしてもらったり、家の間取りを減額していくか、あるいは、住宅会社の提携ローンなら可能性はあると思います。

(住宅会社の提携ローンは、お得な場合もありますが、ネット銀行ではなかったりするので、どちらかと言うと、金利が高めな印象です)

「まだまだ間取りを決める前です!」という方なら、早めに仮審査だけでもしておいて、どれくらいなら借りられるかを見ておくのも良いと思います。

「落ちてから次の銀行で審査依頼」でも良いんじゃないの?

我が家は本審査を1つの銀行でしかしていなかったと言いました。

そして、その本審査に落ちました。

そこから別の銀行の仮審査をしてなんとか間に合ってます。

ということは、「別に複数の銀行で本審査を進めなくても、本審査落ちてからでも間に合うんじゃないの?」と思われるかもしれません。

ですが、これは不幸中の幸いで、我が家がかなり早めに本審査に落ちたから間に合いました。

本審査は2~3週間くらいかかると言われており、実際我が家は、PayPay銀行が2週間、じぶん銀行が2週間でした。

本審査期間以外にも、書類の準備をしたり、実際取り掛かれる時間を確保するまでの時間だったり(特に子どもがいるとうまいこと時間取れなかったりしますよね。。)、
さらには、どの銀行にしようか選ぶ時間も!そういった時間を考えると、早め早めに複数の銀行で本審査(少なくとも仮審査くらいは)しておいた方が良さそうですね。

焦ってテキトーな銀行で契約してしまって、金利は高めだし、利便性も良くないし、、なんていう悲しい結果にならないためにも、住宅ローンは早めに比較しておくことをおすすめします。

その方が、念願のマイホームに住む気持ちも晴れ晴れですね。

なんで無料なの?怪しくない?

実際に我が家も登録してみましたが、完全無料でした。

なぜ無料になるのか?それは、モゲチェックが住宅ローン会社から紹介料をもらっているのだと思います。

価格.comなど、住宅ローンランキングサイトなども同様ですが、紹介料で経営を維持しています。

なので、銀行側からすれば広告費なので、モゲチェック経由で登録すると金利が高くなるとか、損をするというのは無いと思います。

そして、我が家が使った感じ、まったくお金は取られませんでした。

競合サービスはあるの?

「住宅ローンの比較サイト」という意味ではいくつかサイトはあります。

先ほども出てきた「価格.com」なんかがそうですね。

ですが、我が家が調べた限り、「各家庭の状況や希望に合わせた」住宅ローンのランキングを提示してくれるのは、モゲチェックしかなさそうです(2022年8月時点)。

住宅系のファイナンシャルプランナーは、状況に合わせた住宅ローンの提案をしてくれる場合もあるので、同じサービスというわけではありませんが、競合かもしれません。

モゲチェックをおすすめしない人

とは言え、モゲチェックにもデメリットはあります。

こんな方には、モゲチェックはおすすめできなさそうです。

  1. 住宅ローンの書類集めるの面倒だから、すべて住宅会社(ハウスメーカー)の人に任せたい人
  2. 住宅ローンについて、対面で相談したい人

少し解説します。

おすすめしない人① すべて任せたい!

住宅会社(ハウスメーカー)の提携銀行であれば、必要書類をすべてまとめてくれて、住宅ローンの申請も助けてくれると思います(建売の場合はわかりませんが)。

ですが、モゲチェックを使って住宅ローン銀行を決めた場合は、少し自分でやる手続きが増えてしまうと思います。

ただ、モゲチェックで銀行を決めて、この銀行にしたいです!というのを住宅会社に伝えれば手伝ってもらえると思うので、そこまで苦労が増えることはないと思います。

おすすめしない人② 対面で相談したい!

モゲチェックは良くも悪くも、完全にネットだけのサービスですし、チャットだけの対応です。

なので、誰か詳しい人と、相談しながら決めたい!という人には不向きだと思います。

チャットであれば無料で相談に乗ってくれるので、それを駆使すれば、少しは解決しそうです。

もちろん、ファイナンシャルプランナーではないので、ライフプランや家計のキャッシュフロー表を作ってくれるわけでもないので、注意ください。

解決できるけどひと手間なデメリット

先ほどのデメリットには挙げませんでしたが、「つなぎ融資ができる銀行を希望する」といった条件が無いので、チャットで相談が必要なようです。

注文住宅の場合は、つなぎ融資(住宅ローンの分割実行)が必要になったりすると思いますが、それには完全対応はしていないようです。

ですが、チャットで「つなぎ融資に対応した銀行でおすすめを教えてください」などと相談すれば対応してくれると思いますので、そこまで気にしなくて良いと思います。

さいごに

住宅ローンって何もかも初めてなので、どうやって選んだら良いかわからないことだらけで困りますよね。

「住宅ローン おすすめ」で検索しても、引っかかるのは住宅ローンの人気ランキングばかり。。でもそれって我が家にとってはどうなの??というのが気になりますよね。

ですが、今回紹介したモゲチェックを使えば、条件を入力した上でオススメ住宅ローンを紹介してくれるので、「あなたに合った」住宅ローンを提示してくれます。

我が家の場合は、たまたまじぶん銀行が最もおすすめという結果になりました。

ということは、はじめからじぶん銀行にお願いしておけば、PayPay銀行で本審査落ちることなかったのでは?と思います(笑)

ぜひ使ってみてくださいー!

モゲチェック公式HPはこちらをタップしてください
モゲチェック

30坪ローコストハウスの住人
のっち
土地面積31.6坪・延床面積29.4坪の30坪ハウスを建築し、住んでます!
その経験を活かして家づくりや生活について発信中です!

FP2級・AFP資格所有
インスタでは建築状況や家の内部を赤裸々公開中!ぜひ遊びに来てね!
\ Follow me /