家計画

LIXILのドアストッパーで盛大に失敗した件【我が家の無駄なDIY】

ドアストッパー 失敗

こんにちは!のっち(@nocchi_nochilog)です!

ぱんだはし
ぱんだはし
ドアストッパー失敗したーーー!!!

そうなんです。我が家はドアストッパーで失敗しました。

我が家は、ドアストッパーを別途購入し、自分でつけました。

その結果、なんとかなったのですが、失敗しました。

LIXILにもあるなんて。。。!

何のことを言ってるかわからないと思いますが、我が家はドアストッパーにある機能がほしいと思っており、その機能付きのドアストッパーはLIXILにはないと言われました。

なので、自分でつけることにしたのですが。。実はLIXILにあったんです!!

我が家の努力と苦労とお金と時間が水の泡に。。

さて、何の機能が欲しかったか含めて、紹介していこうと思います。

ドアストッパーでほしかった機能

ドアストッパーと聞いて、どんなものを想像しますか?

単に床から出っ張りが出ているだけのものでしょうか、それとも、賃貸時代の我が家のように、磁石でくっつくタイプのドアストッパーでしょうか。

我が家はまさしく、磁石でくっつくタイプのドアストッパーがほしいと思っていました。

それは、機能性に優れているからです。

磁石でくっつくタイプにも、ロックの仕方によってレベルがあって、

レベル1. ドア側の金具を手動で下げることでロックできる(跳ね返り防止なし)

レベル2. 自動で跳ね返り防止機能が作動して、軽くロックされる。本気でロックしたいときは、扉を強めに押すだけでロックできる(これをキャッチアップ機能とも呼ぶみたいです)

(このレベル分けは、このブログだけの表現ですので、ご注意ください。)

もちろん、レベル2のドアストッパーを希望していました。

ですが、LIXILのショールームで話を聞いたときは、「LIXILには、レベル2の商品はなくて、レベル1のものしかありません」と言われました

その代わりに、”みえナイゾウドアストッパー”というのがあって、ドアに金具がみえないので、スッキリみえますよーという商品があることを教えてくれました。

リクシル みえナイゾウドアストッパー

ですが、我が家はそこは重要ではない!

扉を軽くロックするために、いちいちかがんで金具をいじるなんて無理!と思っていたので、

「それなら仕方ない!自分でドアストッパー付けます!」ということにしました。

と、いうわけで買ったのは、こちらです。

(LIXILのドアにする人は、これを買わなくて良いですからね!念のため!)

実はLIXILにあった

LIXILのショールームを案内してくれた人が知らないだけなのか、実は、LIXILには、我が家がほしいドアストッパーがありました(泣)

これを発見したときは、悔しかったです。。

なんのために「ドアにはドアストッパー付けないでくださいね」という謎の提案をしたり、

なんのために、賃貸時代に付いているものと似たドアストッパーを見つけたり、

なんのために、慣れないDIYでドアや床に穴をあけたりしたのか!!!

まぁ、個人的にはDIYの経験値が積めたので良かかったですけどね(笑)

さて、ここまで文字ばかりで伝えていましたが、以下のリンクで、動画を見てみてください!

これが、我が家が欲していた、自動でロックしてくれるドアストッパーです!

リクシル ドアストッパープラス 動画

さて、ご覧いただけましたか?

そして、「あ!これはたしかに楽だわ」と思ってくれましたか?

そう思った方は、LIXILの「ドアストッパープラス」というのをチョイスしてください。

LIXILの「ドアストッパー」や「みえナイゾウドアストッパー」では、自動ロック(跳ね返り防止)の機能はないので、ご注意ください!

ドアストッパー付けてみた

さてここからは、せっかくなので、我が家の努力を見てもらおうと思います(笑)

自分でリフォームしたい人には需要があるかもしれませんし、単に、私が伝えたいだけかもしれませんが、紹介していきます。

改めて商品紹介

さて、ドアストッパーを付けていきますよー!

 

付けるドアストッパーはこんな感じです。

シルバーで良い感じですね。

ドアストッパー 商品

床側の金具

ドアストッパーには、床側の金具とドア側の金具があります。

まずは、床側の金具を付けていきます。

このときに、床だけで適当には付けずに、ちゃんとドア側との位置確認をした上で付けるようにしました!

ドアストッパーの目的のひとつは、ドアの取っ手が、壁に激突しないようにすることなので、床の金具の位置は重要です。

取り付けイメージをしながら、実際にドアストッパーが付いたとして、壁にドアの取っ手が当たらないか確認しましょう!

位置が決まれば、まずは下穴を空けていきます。

 

ドアストッパーに同梱されていたネジでは、木の材質にもよるらしいですが、下穴がなくてもネジで穴をあけながら取り付けられるようです。

ですが、非力な私には到底無理でした。。

なので、下穴をあける必要があり、追加で電動ドライバーのドリルピットを買いました。

急いでいたのでコーナンで買いましたが、絶対以下のやつをネットで買った方が良いです!

安いし、いっぱい入ってる!

さて、何もとりついていない状態でコーナンダッシュしたので、早くも疲れていますが、がんばります(笑)

こんな感じで下穴を開けて、、

 

ネジで金具を取り付けていきます!

ドアストッパー 床側金具取付

このとき、4つの穴のうち、手前2つは長穴になっているので、先に手前2つのネジを緩めに締めておいて、残り2つをしっかり締めてから、手前2つをしっかり締めるようにしました。

そうすれば、手前2つのネジを少し締めたときに、位置確認を再度した上で、間違えていても、多少なら長穴分の調整ができるからです。

ドアストッパー 床側金具 長穴

カバーも取り付けて、無事、床側完成!

ドアストッパー 床側金具 取付完了

ドア側の金具

続いて、ドア側の金具です。

ドア側の金具は、床側の金具と位置関係があっているかはもちろんのこと、高さ方向にも注意が必要です

高すぎると、ドアストッパーでストップできませんし、低すぎると、強いロックができなくなります。

「床から10cmの位置にくるように取り付ける」と説明書に書いてあるので、だいたいそうなるように取り付けます。

その際に、鉛筆なんかで、ネジをいれるところをマークすると良いでしょう。

我が家の場合、近くにペンがなかったので、ネジで少し傷つけて、マークをしました(笑)

マークができたら、下穴をあけていきます。

ドア側の下穴は、ドアストッパーのメーカーも推奨しているので、こちらは、ぜひあけましょう。

ドアのような厚みが薄めのものは、いきなりネジで穴をあけながら締めると、ドアが割れてしまうことがあるそうです。

それだけは嫌!ということで、我が家はしっかりと下穴をあけました。

ここで注意してほしいのは、下穴をあける深さです。

深くあけすぎると、ドアを貫通してしまうので注意してください。

「下穴を深めにあけておけば、ネジ締めが楽になる!」というのを覚えてしまった私は、危うく、ドアを貫通するところでした。

ご注意を!(笑)

ドアストッパー ドア側金具 下穴

さて、下穴があけられたら、金具を取り付けていきます。

斜めに入らないように気を付けてください。

我が家は斜めに入ったりして、ネジ穴をなめてしまい(潰してしまい)そうになりました。

ネジを真正面から見るようにすれば、うまくいくかもしれません。

スナイパーを構えるように、ゴルゴ13のように、寝そべって取り付けてください(笑)

ドアストッパー ドア側金具 金具取付

さいごに、カバーを取り付ければ完成です!

ドアストッパー ドア側金具 取付完了

さいごに

ドアストッパーについて紹介しましたが、いかがでしょうか。

1日に何回も開け閉めするドアを快適にすれば、平穏な生活が送れそうです!

ぜひ、ドアの検討中の人は、参考にしてください。

そして、我が家と同じ失敗をしないでください!

新築の場合は、リクシルのドアストッパープラスですよ!

また、リフォームしたくて、できるか見たかったんだよねーという人がいれば、ちょっとでも参考になればうれしいです。

自分でできたときはうれしいですよー!!

あなたの参考になればうれしいです。

30坪ローコストハウスの住人
のっち
土地面積31.6坪・延床面積29.4坪の30坪ハウスを建築し、住んでます!
その経験を活かして家づくりや生活について発信中です!

FP2級・AFP資格所有
インスタでは建築状況や家の内部を赤裸々公開中!ぜひ遊びに来てね!
\ Follow me /