家計画

タウンライフ家づくりによる間取り一括請求の裏側

タウンライフの裏側

こんにちは!のっち(@nocchi_nochilog)です!

突然ですが、あなたはお得が好きですか?

そして、いろいろと比較して自分に合ったものを選ぶのが好きですか?

ここに来た方は、比較して最も自分に合う、かつ、お得なサービスを探すのがうまいのだと思います!

そんなあなたは、おそらくインスタでも良く見かける「複数の会社が無料で間取りを作ってくれるサービス」(タウンライフ家づくり)をご存知と思います。

それはいったいどんなものなのか。無料なんて怪しいんじゃないの?という疑問に答えるべく、潜入調査してきました!

実際に使ってみるのと同時に、なぜ無料なのかというところも聞いてみました。

結論としては、ぜひ使ってみるべき!です。

それでは、タウンライフ家づくりの裏側について、詳細を説明しますね。

早速サービス利用する方はこちらからどうぞ。

タウンライフ家作りってなに?

ぱんだはし
ぱんだはし
タウンライフのサービスってそもそもなんなの?

まずはこの疑問について説明します。

タウンライフのサービスは、いくつかの要望を記載すれば、登録している全国900社以上のハウスメーカーや工務店が、要望に沿った間取りを作ってくれます

大手ハウスメーカーもたくさんいるので安心です。

(画像はタップで拡大するよ!以降同様だよ!)

タウンライフ 提携ハウスメーカー抜粋タウンライフ様より引用。筆者コメント

そして、間取りが気に入れば、その間取りで実際に建築もできちゃいます。

つまり、ハウスメーカーや工務店などの建築会社を決めるための参考にできるというわけです!

建築会社選びはかなり時間がかかりますよね。。住宅展示場に行ったり、スーモのカタログ見たり、インスタで情報収集したり、、、

タウンライフなら、間取りを作ってくれるので、本当に自分にあった建築会社が決まります!

建築会社選びに時間をかかる時間で、間取りとかキッチンなどのオプションを考えた方が効率的じゃないかと思いますし、より良い家が作れると思います。

実際にどんな要望を入力して、どんな間取りが来るのかというのは、後ほど紹介します。

こんなに便利でなぜ無料?

間取りの作成なんて、そんな一瞬ではできません。

ましてや一人一人異なる要望をクリアして間取りを作るので、時間はかかるはず。

ぱんだはし
ぱんだはし
でもなんで無料なの?

そう思うと思います。実際私も怪しいなと思ってました。そして、実際にタウンライフさんに聞いてみました。

「建築会社の削減できた広告費で、間取りを作れるから」というものです。

詳しく話すと、建築会社は自社で建ててもらうために、多額の広告費を出します。

その広告費は、ほしい人だけに届けるのは難しいので、空打ちとなって無駄になる部分があります。

一方、タウンライフ経由で依頼をする人は、100%家を建てたい人です。

つまり、無駄な広告費を使わずに、その分人件費に当てることができるので、間取りを無料で作成できるというわけです。

さらに私たちにとってはうれしいことに、「良い間取りを作らないと、その建築会社は選ばれない」ということから、建築会社の人は本気で間取りを作ってくれます

つまり、手抜きの間取りが送られてくることなく、全社本気の間取りを見比べることができるので、非常に有意義なものになります。

実際私も、複数の間取りを見比べると、各社に”色”が出てて、面白かったですし、何となくのフィーリングですが、グサッと刺さる間取りがありました!

家のこと詳しくないし。。。と思っていても、けっこう直感でわかりますよ!

おそらく賢明なみなさんは、「じゃあタウンライフはどこで利益得てんのよ?」と疑問に持つでしょう。

その答えは、建築会社から広告を出す権利としてお金をもらってます。もちろんこの広告費と間取り作成の人件費合わせても、タウンライフを利用しない場合の広告費の方が高いので、建築料金が上がることはありません。

もし建築料金を上げてるなんてことが発覚すれば、その会社は今後もう選ばれないでしょう。。

↓↓早速サービス利用してみる!↓↓

タウンライフ家づくりのページへジャンプ!

タウンライフの流れ

これまでで、なぜタウンライフが便利なのか、なぜ無料なのかというのを明らかにしました。

利用する価値のあるサービスというのが伝わったでしょうか。

魅力あるサービスだからこそ、利用満足度・知人におすすめしたいサイト・使いやすさの3点において、No.1を獲得しています!

タウンライフ 満足度No1タウンライフ様より引用

多くの人が利用して高評価なので、安心ですね。

ぱんだはし
ぱんだはし
利用実績が多数なら安心だね!インスタでバズる理由も納得だー!

さて、実際に申し込むときの流れについても紹介します。

まずは、下記ボタンをタップして、下の方から都道府県と市町村を選んでください。

タウンライフ家づくりのページへジャンプ!

 都道府県と市町村の選択

そして、下記の質問に答えます。

  • 世帯数(2世帯希望の有無)
  • 何階建て?
  • 住む人数(大人と子ども)
  • 何LDK希望?
  • 家の広さの希望は?
  • LDKの広さはどれくらい?
  • 水回りの条件は?(明るくしたいor使い勝手)
  • 土地の大きさは?(決まってなくても希望でOK)
  • 希望の予算は?
  • その他自由記述

ここで、自由記述の部分は、できるだけ詳細に書きましょう。

この部分で、自分のかなえたいこと、例えば庭が欲しい、1階に和室が欲しい、1階で生活が完結するようにしたい、1階にファミリークローゼット必須、などなどです。

ここを詳細に書くことで、希望の間取りに近いものを提案してくれるハウスメーカーを選べるので、とりあえず書きまくることが大事です。

さらに優先順位なんかも書き添えると、なお良いでしょう。

と言っても、難しく考えずに、何となくの希望を詰め込めば良いと思います。

(ちなみに、営業の電話がかかってくる会社もあるので、苦手な方は「電話や訪問営業NG」という旨をその他の欄に記載すると良いでしょう!)

さて、それらの希望と、住む土地(土地が決まってなくても希望の場所でOK)に対応した建築会社の一覧が表示されます。

ちなみに我が家の場合は11件がヒットしました!

建築会社の選択

タウンライフに登録している会社は900社以上ですが、何もそのすべてから提案が来るわけではありません。

建築会社にも、施工可能な(得意な)エリアがあるので、それに対応した会社のみがリストに出るようになってます。

さらに、そのリストから、気になる会社だけを選んで間取り作成依頼ができるので、「比較するのにいっぱい資料をもらったけど多すぎてどれ見たら良いかわからない!」という本末転倒な結果には終わらなくて済みます。

ちなみに、どのような提案が返ってくるかのサンプルを次に紹介します。

過去事例の写真などを含めながら、送ってきてくれるので、かなり参考になると思います。

もちろん、どの会社も微妙・・・ということであれば、どこにも頼まないというのもアリです(当然ですが契約の義務は発生しません)。

使えるサービスはとことん使ってやりましょう(笑)

タウンライフ家づくりのページへジャンプ!

どんな資料がもらえるの?

実際にどんな資料がもらえるかというのを一部紹介します。

(タップで拡大するよ!)

間取りプラン例

このように間取りとともに、過去事例からどのようなイメージかがわかりやすく写真で送られて来たりします。

内容は建築会社によって異なるので、あくまでイメージですのでご注意ください。

タウンライフ以外に無いの?

ここで比較好きなあなたは、「タウンライフ以外に間取り一括請求できるサービスは無いの?」というのが気になると思います。

実は、間取りを作成してくれるのは、タウンライフしかありません

有名どころのスーモやホームズなどは、建築会社のカタログ資料の一括請求は可能ですが、間取り作成を依頼することはできません。

この点が、タウンライフをおすすめできる一つのポイントでもあるのです。

まとめ

ここまでタウンライフの一括間取り申請サービスについて紹介してきましたが、いかがでしょうか。

ぱんだはし
ぱんだはし
まとめるとこんな感じだね!

  • 間取りの作成を複数会社に一括してお願いできるサービス
  • 広告費削減できるので、私たちは無料で間取りを作ってもらえる
  • 間取りを作ってもらったらそこで建てないといけない!ということは絶対に無いので安心
  • 利用満足度・知人におすすめしたいサイト・使いやすさの3点においてNo.1

結論として、

人生で一番高く、おそらく一生に一度のことなので、妥協せずに建築会社を選ぶためにも、ぜひ利用をおすすめします!

比較することで、いろんな選択肢が見えますし、どの程度の金額が妥当なのかも見えてきます。

もしかすると余計悩むだけかもしれませんが、比較するときってそれが楽しいんですよね(笑)

入力は最短たったの10分でできるので、さくっと比較してみましょう!

↓↓下のボタンをタップすれば飛べますのでどうぞっ!↓↓

タウンライフ家づくりのページへジャンプ!

30坪ローコストハウスの住人
のっち
土地面積31.6坪・延床面積29.4坪の30坪ハウスを建築し、住んでます!
その経験を活かして家づくりや生活について発信中です!

FP2級・AFP資格所有
インスタでは建築状況や家の内部を赤裸々公開中!ぜひ遊びに来てね!
\ Follow me /