転居準備

引越の料金を比較してみた!【見積の注意点を紹介!】

引っ越し見積もり

こんにちは!のっち(@nocchi_nochilog)です!

ぱんだはし
ぱんだはし
引越し代金って高いよね~!なんとか安くする方法無い?

新築戸建(マンション)が引き渡されたら、ついに引越しですね!

ですが、引越し代はとても高い!

距離が遠かったり、荷物が多かったりすると、どんどん値段が上がっていきます。

そして、3月とかだと繁忙期なのでさらに高くなる!

我が家は引き渡しが3月末だったので、引き渡されてすぐに引っ越そうかと思いましたが、高すぎてやめました。

ですが、親の仕事の問題や、子どもの学校の問題などで、引っ越しする月を変えられないこともあると思います。

そこで、引越し代金を少しでも安くする方法は、「複数社に見積をとってもらう」というものです。

いわゆる相見積もりですね。

我が家の相見積もりについて紹介しますので、相場のひとつとして参考になればうれしいです。

我が家の引越し状況

見積の結果をみる前に、我が家の状況(条件)を紹介します。

この状況によって、金額が大きく変わる可能性があるからです。

我が家の引越し状況

  1. 同じ市内での引越し
  2. 3人家族(娘4才)
  3. 荷物はすべて運ぶ
  4. エアコンやウォシュレットの脱着を含む

だいたいこんな感じで、イメージがつくかなと思います。

見積比較

さて、それでは見積の比較をしてみましょう。

我が家は引越のおよそ3ヶ月前に見積をとってもらいました。

見積をとってもらった会社は、「アート引越センター」と「サカイ引越センター」です。

本当は、「アリさんマークの引越社」と「アーク引越センター」にも見積をお願いしようと思いましたが、やめました。

というのも、サカイ引越センターが、「見積させてもらった今日決めてもらえれば割り引きしますよ」という、私の嫌いな戦法を使ってきたからです(笑)

その段階でサカイ引越センターに決めたので、他の2社は見積を断りました。

見積紹介

さて、アート引越センターとサカイ引越センターの見積を紹介します。

(画像はタップで拡大するよ!以降同様だよ!)

サカイ引越センター 見積 アート引越センター 見積

アート引越センターは、超個人的な感想ですが、家具を壊されたり、分解できるはずの家具が分解できないから高額請求されかけたり(結果的に別の作業員の方が来てくれて大丈夫でしたが)、あまり良い思い出がありません。

そして、今回の見積のときも、エアコンの脱着には、エアコンカバーやエアコンの管で追加料金が掛かるかもしれないという説明は、一切省かれました。

アートの後に見積をしたサカイ引越センターで教えてくれたので良かったですが、当日に追加料金がかさむと、なんのための見積かわかりません。

というわけで、明瞭な見積をしてくれたサカイ引越センターにお願いすることにしました。

ただ、先述の通り、「今日決めてくれたら割引」はやめてほしいところです。。。

引越見積で注意すること

先ほど見積をお見せしましたが、引越の見積で注意すべきところは、「電気工事の見積」です。

特に戸建の場合、2階建てになったりすると、エアコンの設置工事に予想外の料金がかかったりします。

例えば、エアコンの管(配管)にカバーを付けるとなると、高くなりますし、そもそも管を延長すると、追加料金がかかります。

我が家も過去に引っ越した際(戸建てに引っ越すよりも前の引越)、当日の電気工事の追加で、かなり高くなった経験があります。

たしか、追加で3万円くらいとられました。。「なんのための見積?」と思いましたが、仕方ないのかなと思います。

そのときは、やはりエアコンの管の延長が必要で、めちゃ高くなりました。

その反省をいかして、サカイ引越センターのパッケージ工事というので契約しました。

これなら、たとえエアコンの管の延長が必要でも、お値段変わらずにできるためです。

そして、2階から配管するときは、間違いなく延長が必要なので、あらかじめ契約しておきました。

これをするだけで、結構節約できたと思います。

また、パッケージ工事にしておけば、エアコンのカバーを付けるのも料金に含んでもらえます。

個人的にはコレ、おすすめです!

サカイ引越センター以外でも、同じようなサービスがあると思うので、見積の際に聞いてみてください。

引越比較サイトは使った?

引越し業者を一括で見積もってくれるサイトがあるのをご存じでしょうか。

例えば、「引越し侍」なんかがそうですね。

以前、引越し侍かは忘れましたが、引越し一括比較サイトを利用したときは、入力した瞬間に電話が鳴りまくりでした。

結局、ネットでは見積をくれず、直接訪問しての見積でしかダメとのことでした。

なので、せっかく入力しても、全く意味なくて、ただ単に複数の引越し会社から電話がきて、見積の予約をするだけでした。

引越し侍は、ネットだけで見積ができるのもあるようですが、結局同じことなんじゃないかなーと思います。

それなら、自分で気になるところに依頼した方が良いと思います。

引越し侍のようなサイトを経由すると、引越し業者はそのサイトにある程度の報酬を払う必要があると思います。

その分を、利用者に割り引いてくれたら良いのに。。と思います。

なので、直接引越し業者に見積依頼する方が、値引率も上がるのではないか?と思います。

引越し見積サイトを使うのがおすすめな方は、「はじめて引っ越しするから業者わからん!」とか「大手だけじゃなくて、地方の引越し業者も比較したい!」という場合には良いかもしれません。

気になる人は、使ってみてください。

さいごに

引越し料金の比較をしてみましたがいかがでしょうか。

個人的にはサカイ引越センターがお気に入りなので、これからもなんやかんやサカイ引越センターにお願いするのかなと思います。

ですが、サカイ引越センターも、相見積もりを取ることで値下げの交渉に使えるので、結局相見積もりは必要なのかなと思います。

相見積もりって面倒ですが、我が家のように数万円単位で節約できるので、した方がいいと思いますよ!

引越し関連で、引越しのときにネットの契約とかもいかがですか?と聞かれました。

結論から言うと、絶対やめた方が良いです。

なぜかというと。。。という記事を以下で書いてます!気になる方はどうぞ!

引っ越し業者のネット勧誘
引越し業者からのネット勧誘はお得なのか?【カラクリを解説!】 引越しの際に、「ネットも一緒に契約してくれたら、キャッシュバック1万円!」とかの勧誘をされました。 おそらくみなさ...

あなたの参考になればうれしいです。

30坪ローコストハウスの住人
のっち
土地面積31.6坪・延床面積29.4坪の30坪ハウスを建築し、住んでます!
その経験を活かして家づくりや生活について発信中です!

FP2級・AFP資格所有
インスタでは建築状況や家の内部を赤裸々公開中!ぜひ遊びに来てね!
\ Follow me /